会計、財務、とファイナンスについて

会計、財務、とファイナンスについて

飲食店(ラーメン店)を経営する為には避けて通れないお金について考えていきましょう。
どんなに美味しいラーメンを作って、お客様が喜んでくれても、お金(資金)が続かなければ終わりですからね。
よくある現象ですが何で、こんなに売れているのに、お金が残らないんだって事ありますよね。

ファイナンスとは何だろう?

簡単に言うと(企業価値の最大化)を求める為の意思決定に役立つ道具の事です。

会計とは

お金や物品の出入り(利益)の記録、計算、管理全般のこと過去のことを扱う事です。

それでは会計とファイナンスはどこが違うのについて考えてみましょう。
会計とは(利益)を扱う、それと会計が扱うのはあくまでも過去の業績です。
それに対してファイナンスとは(キャッシュ)を扱う、それに対してファイナンスは未来の数字、企業が将来生み出すキャッシュフローの事です。

財務三表(財務諸表)とは


決算書には賃借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の三つから成り立って、これを財務三表と呼びます。

賃借対照表について

賃借対照表はバランスシート(BS)とは
貸借対照表は、「資産」「負債」「純資産」の3つの大きな柱で成り立ています。左右の金額は、必ず同じになります。すなわち、「資産」=「負債」+「純資産」ということです。

損益計算書について

損益計算書とは、企業のある会計期間(1年間)の経営成績を表す決算書の1つです。費用と収益を比べ、その差額を利益として表します。借方と貸方に分かれており、表の左側が借方、右側が貸方になります。
商品の仕入れにかかるお金や会社の電気代など、収益をあげるために必要なお金を費用とよび、損益計算書の借り方(左側)に記入します。商品やサービスを売って得たお金を収益といい、損益計算書の貸方(右側)に記入します。
費用・収益・利益を把握することで、その会計期間における企業の経営状況を知ることができます。

キャッシュフロー計算書について

決算書の1つである「キャッシュフロー計算書」は、会計期間中(1年)の現金の流れを数値で示した書類です。
簡単にいうと、「会社にどのくらいの現金があるか」ということが分かる書類です。
まぁ財務諸表=会社の健康診断的なものと考えましょう。

まとめ


自分の会社の財務諸表から会社の安全性、収益性、将来性はしっかりしているのかと言った事を考えるには今後の計画を立てる上で凄く大切な事だと思います。
健康診断で数値が悪いのに、そのままの状態で放置してしまうと、どんどん病気が進行して深刻な事態になってしまいます。
いつでも会社(お店)経営状況を把握して問題が起きる前に手を打てるようにしておきましょう。
特にキャッシュフロー計算書については会社の経営状況を客観的に判断する為に重要です。
何故ならキャッシュフローに注目する事で会社の資金状態を判断する事ができた倒産の危険性を予測できるからです。

会計上の利益と手持ちの現金は=ではないのです。

それでは次回はもう少し深く踏み込んで財務三表の「損益計算書(PL)」「 賃借対照表(BS)」「 キャッシュフロー計算書(CS)」について考えて考えていきます!

サンライズキッチンのラーメン開業支援をもっと詳しく知りたい方は下の画像をクリック!
一番上に戻る
© Copyright 2019 サンライズキッチン.