飲食業は接客サービス業だ!飲食業で心がけたいポイントをご紹介!

飲食業は接客サービス業だ!飲食業で心がけたいポイントをご紹介!

昔のラーメン屋って、職人気質のコワモテのおっちゃんが黙々と作って提供してたり、なんだかそれはそれで雰囲気あってよかったり…(笑)
でも今の時代、やはりラーメン屋も接客って大事ですよね。お客様に「また来たい」って思われるような接客っていったいどんなことをすればいいのでしょうか。具体的な事例を挙げながら、接客の心得とは、などサンライズキッチンが考える接客についてお話ししていきます!

S1グランプリで学んだ接客の心得


もう約10年前の話しですが、今でも僕の中で忘れられない言葉があります。
S1グランプリとは、日本一のサーバー(接客)を決める全国大会のことで、予選を勝ち抜いたお店が接客を披露して投票を競い合う、という大会です。
そこの出場者の方がこんなことを言っていました。

「農場で鶏を育ててくれているオーナー
畑で野菜を作り提供してくれているオーナー
我々のお店に届く食材を作ってくれるオーナーやそのスタッフの方たちに会うと、みなさんに必ず言われることがあります。

「お客様は美味しいって言ってくれてるかな?」

その時思ったんです。
いつも美味しい食材を作ってくれているこの農場のオーナーやスタッフの方々は、お客様が美味しいって言ってくれた笑顔が見れないんだ、と。

だから、我々サーバーは、オーナー達の想いを届ける最終ランナーなんです。

これが私のサーバー(接客人)とは、です!」

これを披露していたお店が
当時宮崎地鶏で急激に企業成長していたエーピーカンパニーの塚田農場です。

必ず持て‼自分なりの心得‼


何でもいいと思うんです、とにかく自分はこんな接客をするんだ‼というのを持つようにしましょう。それに沿って店舗でどんな接客の取り組みをしていくのか考えて実践することが大事です。
真似でもいいんです!自分のお気に入りのお店の接客を真似したり、居酒屋甲子園やS1グランプリなど接客の大会を観戦してみたり、
とにかくこだわりを持って接客を行うことが大事になってきますね。

お客様の心を掴む、アイスキャンディーとおしぼり


あの日も35度を超えて汗だらだら流しながら、あるラーメン屋に行きました。
ラーメン美味しくいただいて!ごちそうさま~と席立ったら
「あ!お客さん!ありがとうございます!外暑いんで、これどうぞ~お口直しにもなります」なんと!アイスキャンディー。
またあの日は真冬で、手も凍える寒さの中入ったラーメン屋。
席に座ると、まぁなんとも温かいおしぼりが。いやぁ~あったかい~なんて店主と話してたら、店に来て席に座るとみんな手すりすりするからさ~!箸持てねえだろ、と。(笑)
どっちのお店もリピートするようになりましたね(^^)

些細なことかもしれませんが、よくお客様を観察し、何かに気付き実践する。すごい大事なことですよね!これぞ正にホスピタリティー!おもてなしなのです。

第一印象で全てが決まる‼


そしていつも皆さまにお伝えしていることがあります。
それは入店直後の場面。
基本的にお客様(特に新規)は、入店直後、店員スタッフを探します。食券を買うのか、席はどこに座ったらいいのか、わからないからです。そこでいらっしゃいませ~だけの声かけは超絶Gです。
必ず適切な声かけを行いましょう。
要するに、【お客様を不安にさせるな!】です。それもとびっきりの【笑顔】で、お先に券売機で食券のご購入お願いします!や、こちらのお席どうぞ!と手を添えてご案内しましょう。とびっきりの【笑顔】でです!(^^)

お見送りは最大のチャンス!


先日オープンした弊社加盟店のオーナーの取り組みです。
とにかく退店時、お客様に声を掛けまくる、というものです。
「味はどうでしたか?」「何か接客で気になる点ありましたか?」などなど。
とにかくお客様の声を聞く。悪かったところはスタッフ全員で本気で改善する。
お店の中では聞けないことも、退店時、外まで見送った際にお声かけするとお客様も話しやすいそうです(^^)

最後に…

接客とは、「また来たい」とお客様が思ってくれるサービスである。
これがサンライズキッチンの考える接客です。
「また来たい」と思ってくれる店舗を開業支援を通じて作っていけたら我々も幸せです。

サンライズキッチンのラーメン開業支援をもっと詳しく知りたい方は下の画像をクリック!
一番上に戻る
© Copyright 2018 サンライズキッチン.